ブログのデータが消え去った悲しみを超えた暇人はいじの5日目

はじめに

どうもこんにちは。はいじです(∩´∀`)∩

昨日は雨が降ってて寒かったんですけど、今日はまだ比較的暖かいですね!

そろそろ春としての暖かみが出てきたと思います。(もしかしたらこんなに寒いの私の家だけか…?)

では本日もゲームの話でもしますか。(それしかすることないことは黙っておこう・・・・)

ゲームのお話

今日はPS4のソフト「レインボーシックスシージ」の話をしていきましょうか。

昨日まではモンハンの話ばっかりしてたので、今日からは全くジャンルが異なるゲームを題材にしたいと思ってましてね(*´ω`*)

あ、先に言っておきます。今から書くことは基本的なことしか書かない上に私がこのゲームの設定で勘違いしてるところもあるかも知れないんですが、

そんなこと一切気にしないで書いていくので気にするなヨナ!!!!(・×・)

レインボーシックスシージ(R6S)

レインボーシックスシージとはUBIソフトより2015年12月10日に発売されたFPSです。

簡単に説明すると、プレイヤーはオンラインで他のプレイヤーと一緒にプレイし、攻撃側と防衛側に5対5で別れて戦うゲームです。

基本的ルール

このゲームの登場キャラクターは各国の特殊部隊に所属していた兵士がレインボー部隊に召集されて、その部隊員同士で対テロリスト戦における演習をしている。この演習がオンラインのマルチ対戦の部隊となっている。みたいです(´・ω・`)

マルチ対戦のルールは3つあり、爆弾エリア確保人質に分かれている。

それぞれのルールで攻撃・防衛に分かれ、ラウンドごとに攻撃・防衛が入れ替わる。

また使えるキャラクターは攻撃オペレーター・防衛オペレーターと決まっており、それぞれの時に使えるのは決まっている。

また他の人と同じオペレーターは選ぶことができないため、なるべく色々なオペレーターを使えるようにしておかなければならない。

私は一部のオペしか使えんがなっ!!!!(`・ω・´)

マップとカメラ

登場マップはそれぞれの特殊部隊の国が舞台となって作られており、マップによって様々な特性がある。

どの国のマップが出てるのかは覚えてないんで、気になる人は自分でググってね(*´ω`*)

またマップに存在する壁・床・天井・障害物は破壊できるものできないもの、銃で貫通するものしないもの色々なものが存在します。

もちろんマップの構造を把握するのも大切なんですが、こういったことも理解していないとこのゲームの楽しさを理解するのは難しいと思います。

マップには定位置に防犯カメラが設置されており、防衛側はこのカメラを使って攻撃側の位置を知ることができる。また攻撃側は探索用のドローンを1人2個所持しており、これを利用して防衛側の位置を知ることが可能となっている。

お互いにカメラは破壊することができるので、迅速に敵のカメラを破壊することは大事なことである。

画像は攻撃側のカメラ、「ドローン」です。

攻撃側、防衛側の基本的操作

マップには建物が一つあり、その建物内に防衛対象が設置されていて、攻撃側は時間内に目標を達成するか防衛側をせん滅させると攻撃側の勝利、防衛側は時間まで防衛対象を守り切るか攻撃側を全滅させると防衛側の勝利になります。

しかし防衛側はただ攻撃側が入ってくるのを待っているだけじゃありません。

敵に破壊されると困る壁や床は補強することができます。(1人2枚まで)

また、展開シールド(簡易的にどこにでもおける盾)や有刺鉄線(攻撃側の動きを制限する)などをマップ内に設置して攻撃側の侵攻を抑えることが重要です。

攻撃側は防衛側のこういった障害を用意されている装備で潜り抜けて目標を達成もしくは防衛側をせん滅しなければいけません。

これだけ聞くと攻撃側が不利なんじゃないかと思うかも知れませんが、

そんなことはない。むしろ攻撃側のほうが有利なんじゃないか?とさえ思っていますが、

その理由はまた明日の記事にでも書こうかな。

最後に

今日は基本的なことだけを書きました。

明日は各オペの特性や装備について書ければいいな。

では今日はここまで。さようなら(∩´∀`)∩

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク