ニーアオートマタのストーリーを書いていくぞいの13日目

2B・9Sの物語 A・Bエンド その2

今日もニーアのストーリーをおっていきましょう。

またもやざっくりに(∩´∀`)∩

その1はこちら

森の城

「ニーアオートマタ 森の城」の画像検索結果

アダムとイヴとの戦いの後、パスカルの村を訪れた2B・9Sはパスカルと話し森の国へと向かうこととなる。

廃墟都市の北東に位置する商業施設廃墟にたどり着く二人に突如機械生命体が襲い掛かる。

襲い来る機械生命体をせん滅した二人の前に謎の生命体「エミール」が現れるも逃亡。

その後二人は森の奥へと進み、森林地帯「森の国」へと到着する。

森の国に訪れた二人を待ち受けていたのは自分たちの国を、王を守るために襲い掛かる機械生命体であった。襲い掛かる機械生命体を退け二人は機械生命体の王のもとへとたどり着く。

次の瞬間、機械生命体の王がA2の攻撃により破壊される。

司令部からA2の破壊命令を受け、二人はA2と交戦するも逃亡を許してしまう。

水没都市

「ニーアオートマタ 海岸」の画像検索結果

森の国から帰還した2B・9Sにミサイルの補給作戦の支援任務が入る。

そのため水没都市を目指す二人。

任務遂行中の二人の前に超大型機械生命体が姿を現す。

この機械生命体はかつて地上を地獄に変えたと言われており、永い眠りから醒めて再び地上へと向かおうとする。

それを阻止すべく二人は超大型機械生命体を破壊するために飛行ユニットで交戦、敵のEMP発生装置を破壊し超大型機械生命体を撃破。

だが破壊の衝撃に9Sが巻き込まれてしまい行方不明となる。

複製された街~アダム戦

「ニーアオートマタ アダム戦」の画像検索結果

9Sの捜索のため、一度レジスタンスキャンプに戻る2B。

情報を入手し、2Bはエイリアンの拠点へ再び向かう。

エイリアンの拠点からエレベーターで降りた先には真っ白な街が存在していた。

9Sの痕跡を辿り目的地へとついた2Bの前にアダムが姿を現す。

アダムは2Bに「死の概念」を感じたいと話し、機械生命体のネットワークから自ら外れ戦闘が始まる。2Bはアダムとの一騎打ちに見事勝利し9Sを奪還。

アダムは本来機械生命体機械生命体が感じることのない死の体感に満足しながら死亡した。

廃工場 教祖

「ニーアオートマタ 工場廃墟 教祖」の画像検索結果

9S奪還後、2Bはパスカルに呼ばれ工場廃墟に向かう。

そこでは戦いを放棄した機械生命体が集まっており、アンドロイドとの和平を求めていると聞く2B.

しかし、工場廃墟に入りしばらくすると突如機械生命体が暴走し2B・パスカルに襲い掛かる。

工場廃墟の中は地獄と化し、暴走した機械生命体が戦いを放棄した機械生命体を破壊している。2B・パスカルはそこから脱出を試みる。

するとそこにバンカーにいる9Sから2Bに通信が入る。

9Sの指示に従い、2Bはパスカルとともに襲い来る機械生命体を撃破し無事廃工場から脱出した。

廃墟都市~エンディング

「ニーアオートマタ Aエンド イヴ」の画像検索結果

廃工場から脱出した2Bは機械生命体が暴走していることを知る。

レジスタンスキャンプが暴走した機械生命体に襲われていると聞き、レジスタンスを助けるためキャンプへと向かう2B。

キャンプを襲う機械生命体をせん滅した2Bの前にアダムを失ったことにより暴走したイヴが現れる。激しい怒りと悲しみを覚えたイヴは全てを破壊しようとする

そこに9Sも合流、死闘の末イヴを撃破。だがその際にイヴをハッキングしたことにより9Sがウイルスに汚染されてしまう。

汚染された9Sは2Bに介錯を求める。汚染されたデータをバンカーにバックアップすることができないためこのまま9Sを殺すということはまた記憶を失ってしまうがそれを承知の上で9Sは2Bに求める。

そして2Bは9Sの願いを聞き入れ、彼を殺した。

「ニーアオートマタ aエンディング」の画像検索結果

2Bは9Sの死に涙する。またこんなことに・・・・と。

2Bが途方に暮れていると、突如機能を停止していたはずの機械生命体たちの残骸が共鳴を始める。2Bは機械生命体と戦うため立ち上がる。

刀を向けた機械生命体が9Sの声で2Bを制止する。

実は9Sのパーソナルデータは機械生命体のネットワーク上に残っており、そこから自我も形成されて事なきを得たと9Sが説明する。

「ニーアオートマタ Aエンド 2B」の画像検索結果

戦いが終わり、安堵の表情の2B。

その表情には戦いが終わったことからによる安堵も見れるが、なにか疑問を抱えているようにも見て取れるようだった。

その3はこちら

©2017 SQUARE ENIX CO.,LTD.All rights reserved.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク