ニーアオートマタのストーリーを書き終えたいの16日目

A2・9Sの物語 その5

「ニーアオートマタ A2」の画像検索結果

ニーアのストーリーをおうのは今日と明日で終わりです(´・ω・`)

長かったですね。私にもう少しちゃんとまとめる能力があればね…。

その1はこちら

その2はこちら

その3はこちら

その4はこちら

塔内部

「ニーアオートマタ 塔」の画像検索結果

塔内部に侵入した9Sは進んだ先で2Bと邂逅する。この2Bは敵の妨害で姿形だけのもの。

それを見た9Sは笑いながら、

「ここで会えて本当によかった。全部粉々に壊す!」

と言い、目の前に立ちはだかる多くの2Bと戦闘を開始する。

そして戦闘が終わり、すべての2Bを破壊したと油断した瞬間2Bの死体が爆発し巻き込まれる9Sであった。

その頃、A2は遊園地廃墟のユニットから脱出した後塔の入り口が開いたことを知り塔へと向かっていた。

塔内部へと侵入したA2は図書館の様な場所へとたどり着く。

そこで様々なデータを手に入れたA2の前に大型機械生命体が現れ戦闘が始まる。

「ニーアオートマタ A2」の画像検索結果

目を覚ました9Sは爆発の衝撃で左腕を失っていることに気づく。

9Sのそばには2Bの死体があり、9Sはその死体から左腕をちぎり自身の代わりとした。

その結果9Sはウイルスに感染するが自己ハッキングによりウイルスを除去する。

回復した9Sは再び塔内部を進み始める。

赤い少女と真実

「ニーアオートマタ A2」の画像検索結果

塔内部で9Sは「赤い少女」と出会う。

そして9Sはそこで塔の目的・ヨルハ部隊・ヨルハ計画の真実を知る。

真実を知った9Sは絶望し全てを破壊することを決意。

襲い来る敵を撃破し、飛行ユニットを奪った9Sは塔の最上部へと向かっていく。

塔の最上部へ

「ニーアオートマタ コウシ」の画像検索結果

突如現れた大型機械生命体と交戦するA2。

なんとか敵を撃退し先に進むと突然強制ハッキングを受ける。

ハッキングをかけたのは先ほど9Sも出会った「赤い少女」であり、A2は彼女を知っているかのような反応を示す。

赤い少女はかつてA2が所属していた部隊はヨルハ部隊のプロトタイプのようなもので捨て石の実験部隊であったことを明かす。A2は激怒し赤い少女に斬りかかるも効果はない。

しかし、ポッドの機転により赤い少女はA2を「自分たちの脅威となるため殺す」「自分たちの進化のために殺さない」かで意見が分かれお互いで争うこととなる。

その光景を見たA2は「まるで人類みたいだ。」と呟く。

そして赤い少女の暴走によってハッキングから逃れたA2は塔の最上部へと向かう。

最後の戦い

「ニーアオートマタ A2 9S」の画像検索結果

塔の最上部へ向かう二人に大型機械生命体が再び襲い来る。

最上部にて合流した9S・A2はこの大型機械生命体を破壊、その後二人は向き合い戦闘態勢に入る。

A2は9Sに自分たちが争っている場合ではないと説くも9Sはそれを一蹴。

9Sは自分たちはもうこの世界には必要ないと言う。(ここから重大ネタバレ注意)

人類は既に滅んでいること、アンドロイドが戦う意味を持つために作られた偽装月面人類サーバー、その嘘を守るために作られたヨルハ部隊、そしてそのヨルハ部隊は証拠隠滅のために最初から全滅するように計画されていたこと。

もう全てがどうでもよくなったという9S。

それでもA2は戦う意味は無いと言うも、9Sは「A2は2Bを殺した」という事実だけで殺しあう理由になるという。

A2は9Sに語りかける。(ここから重大ネタバレ注意)

2Bは9Sを殺し続けることに苦しんでいた。高機能モデルの9Sが真実にたどり着くことは予想されていた為、その前に処刑するために2Bがいたこと。

2Bの名は偽装で、正式名称は「2E」:2号機E型。ヨルハ部隊員を処刑するための部隊の一員であったことを。

9Sは知っていた。2Bがなぜ自分のそばにいたのか、その全てを。

だが9Sは止まらない。今彼はA2を殺すことだけに囚われている。

それを悟ったA2は9Sとの戦いに臨む。
その6はこちら

©2017 SQUARE ENIX CO.,LTD.All rights reserved.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク