ニーアオートマタのことを一応書き終えたの20日目

2Bについて

どうもはいじです。S今日は2Bのことを書いて一旦ニーアオートマタのことを書いていくのは終わりにしようかと思います。

DLCも発売されて書くこともできたのですが、やってる時間があんまりないのでまたDLCを買ったときにでも感想など書いていこうかと思ってます(´・ω・`)

前回までのまとめ
ストーリーまとめ:その1

ストーリーまとめ:その2

ストーリーまとめ:その3

ストーリーまとめ:その4

ストーリーまとめ:その5

ストーリーまとめ:その6

A2について

9Sについて

2Bの印象

「ニーアオートマタ 2B」の画像検索結果

お尻ですね。うん、お尻。第一印象はお尻です。

お尻に惹かれてゲームを買ったと言っても過言ではない。

冗談はおいといて、2Bは最初冷たい印象を感じました。淡々と任務をこなして必要のないことはやらない感じですかね(´・ω・`)

でも9Sとのやり取りを見てて、あれ?なんか彼女のほうが感情むき出しじゃね?と思いました。9Sに「アンドロイドは感情を持つことは許されてないんだよ!おらぁ!」って言ってるように感じました( ゚Д゚)アレェ??

本編サイドミッションで機械生命体の女の子に子供の作り方を聞かれて困っているシーンもあったことから結構感情を持っているなぁと思いました。

そして3周目の最期の時も9Sのことを想いA2に託していますし、水没都市にて2Bが9Sに向けて残したメッセージからもわかるように9Sに対して好意的であったことはわかります。

いろんな感情を持っているけどそれを表に出す方法を知らないんだなと思いました。

2Bの想い

「ニーアオートマタ」の画像検索結果

2Bの本当の名称は2E:ヨルハ二号機E型。これは以前の記事でも書いていますね。

E型は同じヨルハ部隊のアンドロイドを殺すために作られたアンドロイド。

2Eは9Sが全ての真実にたどり着く前に殺すという任務がありました。しかし本当はもう9Sのことを殺したくなかったのでしょう。

それはA・Bエンドで9Sを介錯したときに2Eが「またこんな…」と言いながら涙を流すシーンがあります。これはもう9Sを殺したくないのにどうしてこうなってしまうのか?という意味だと思います。

いつか殺さなければならない9Sと親しくならないように冷たくするも結局9Sのことを想ってしまう。けれどそうなるとまた苦しんでしまう。

こういった葛藤がもしかしたら2Eの中にあったのかも知れません。

実際2Eは3周目の9Sに対するメッセージで9Sとともに過ごした日々は光の様だったと言っています。やはり2Eも9S同様相手に対して深い愛情を持っていることがわかります。

こんなに想っている9Sを殺さなければならない運命を2Eはどう考えていたんでしょうか。

きっと2Eにはそんなことも忘れてしまうほど9Sと一緒にいる時間が光り輝いていたのだと思います。

最後に

冒頭でも書いたように今日でニーアのことを書くのは一旦お終いにします。

明日からはまた別のゲームの話か単なる日常の出来事を書くのかは明日決めます(`・ω・´)

DLCを購入したら配信して次の日にでも配信内容をまとめていこうかなって考えてます。

見てくれる人がたくさんいたらうれしいな(*‘ω‘ *)

では今日はここまでにしておきましょうか。さようなら。

©2017 SQUARE ENIX CO.,LTD.All rights reserved.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク