ワールドベンチャーズの会員になるメリットはあるのか?

ワールドベンチャーズ

どうもこんにちは、はいじです。

昨日までは毎日のだらだらしたことを書いていましたが、今日からは再びワールドベンチャーズのことを書いていこうかと思います。
最近ちょっとこっちの活動が忙しくてなかなか勉強できてなかったんですが復習も込めてまとめていきたいと思います。

前回のまとめ

★1ワールドベンチャーズの概要

★2報酬プランの概要と直紹介に対する報酬について

★3組織に対する報酬について

★4会員サービスについて

サービス面でのメリット・デメリットについて

まずはサービス面でのメリットについて書いていきます。

メリットは格安で高級リゾートに行けるというのがやはり一番の強みですね。
旅行の会員サイトなのでそこのサービスが疎かになっているわけがないですもんね(*‘ω‘ *)

次に各ツアーにおいてポイントを使用して値引きが可能という点もあります。
このポイントは自分が会員になり支払った登録料や月会費などがポイントになったり、自身で新規会員を紹介して時にもらえるものです。ポイントを使うと更に安くなりますのでお勧めだと思います(*‘ω‘ *)

デメリットに関しては、まず前の記事でも書きましたがワールドベンチャーズのツアーは現地集合現地解散が基本となっていることです。
これが意外と知らない人が多くて運賃もツアー代に含まれていると勘違いしている人もいるそうです。

またポイントを使っての値引きはツアーによって使用できるポイントの限度が決まっています。なのでいくらポイントが溜まっていても一気に使うことはできないようになっています。

※ただし自身の直紹介の人数が15人以上であればポイントは無制限に使える。

こういった点もあるのでよく自分でも調べてみるのもいいと思います。

ビジネス面でのメリット・デメリットについて

次はビジネス面です。

メリットとしては長期的に続けていくことが可能であれば大きな収入が見込めることです。
具体的な金額は今は書きませんが、最初の内はそんなに大きな報酬が出ていなくても半年後、1年後にはかなり大きな額になってる可能性がはるかに高いです。

例えば直紹介を1人出すと報酬が約5000円入っていますので、仮に月10人出せるとそれだけで約5万円の報酬が入りますし、3人紹介ボーナスが3セット分できているのでこちらは$350なので約3万5000円になります。合計でおおよそ8万5000円となります。

このように新規会員募集の活動をして、頑張りと成果次第ではかなり大きめの額の報酬が発生するのもメリットの一つと言えます。
前の記事で紹介した「組織に対する報酬」も入ってきますのでもっと貰える場合もあります。

デメリットはあえて言うなら初期にかかる登録料です。
約6万円と決して安くはない額を登録料としてかかってきますので、容易に始めにくいとは思います。(私が参加している企画での金額です。)

また最初の内はそこまで稼ぐことができませんので、そのあたりで不安になってしまうこともあります。月会費もかかってきますので赤字になってしまうこともあります。
そういった面ではデメリットだと思います。

しかしそこを我慢して乗り切ることができればきっと目に見えて成果が出ていることがわかるようになると思います。

次はこちら
→ 権利収入について

興味ある方はこちら
→ 旅するカフカ:メルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク