私のワールドベンチャーズでの活動について

ワールドベンチャーズでの活動

どうも、ワールドはいじです(´◉◞౪◟◉)

今日は私が普段している活動についてまとめます。

主にネットでの活動をしていてその際にどんなメリット・デメリットがあるのか
そういったことを含めて簡単に書いていきます。

ちなみに事細かに書いてしまうと参加している企画のやり方を漏らしてしまうので詳しくは書きませんのでご了承を(´◉◞౪◟◉)

前回までのまとめ

★1ワールドベンチャーズの概要

★2報酬プランの概要と直紹介に対する報酬について

★3組織に対する報酬について

★4会員サービスについて

★5メリットについて

★6権利収入について

★7会員になるタイミングについて

★8注意点について

★9感想

活動内容

まずは大まかに書いていきます。

基本していることは掲示板サイトやSNSなどの不特定多数の人がいるところで広告を拡散しています。

広告を拡散してそこから集客に繋げているわけです。
まあこのやり方は既に使われいてかなりの数の広告や勧誘文などが乱立していますね。

それでも数打てば当たるとのことで1日できる限りの広告を拡散するようにしています。

そしてそれに興味を持った人を誘導していくという流れです。

やってることを言うのは簡単ですが、言うのとやるのでは全く違います。
これがまた難しいんですよね、特に誘導するのが。

顔も知らない相手と喋っているので警戒されるのは当たり前なんですが、自分から興味ありますって言いながら話しかけてきてこっちが返事したら無視するとかどんな教育受けてんだよとは常に思っています(;゚Д゚)

ネット上のやり取りなんで仕方ないと言えば仕方ないんですが、最低限のマナーが必要です。

あとは聞いてもいないのに勝手に自分の個人情報を教えてくる人もこわいです。
そんな簡単に知らない人に教えちゃだめよと言いたくなります。

まあ大まかな流れはこんなもんです。

ネット活動におけるメリット・デメリット

続いてはこちら。

まずネットでの活動ですので自分と相手の素性が全く分かりませんので、実際に会って話をする口コミにおける集客でのデメリットがありません。

自身の人間関係での信頼などといったものを喪失することがないので大きいです。

またネット上のユーザー数は自身の現実のネットワークの人数とは比較にならないほど多いので勧誘する対象がいなくなってしまうといったことがないのも利点です。

勧誘方法によっては1日に何人も勧誘する人もいますので口コミでの物理的限界のようなものがないですという点もあります。

デメリットはそもそもネット上ではそういった勧誘が悪い印象で見られるために相手にされない場合が多いことです。

ネットが発達するとともにそういった詐欺なども増えていますので仕方ないです。

また先ほども書きましたが連絡がつかなくなるケースが多いのです。
特に何時間もかけて対応したのにブロックされたというのもあります。

これは結構精神的に来ます(´・ω・`)

インターネットの特性上他にもデメリットはありますが、それらに翻弄されることなくこれからも活動を頑張っていきたいですね。

では今日はここまで。さようなら(∩´∀`)∩

次はこちら

興味ある方はこちら
→ 旅するカフカ:メルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク